西武カスティーヨ 7回に崩れ2敗目「調子良かったが…」

[ 2018年5月16日 05:30 ]

パ・リーグ   西武0―2日本ハム ( 2018年5月15日    東京D )

7回無死、レアード(右)に先制の左越え本塁打を浴びるカスティーヨ
Photo By スポニチ

 西武は6回まで3安打無失点だった先発・カスティーヨが7回に崩れた。レアードに先制ソロを浴び、1死後には清宮に二塁打を許すなど2失点。2敗目を喫し「調子良く投げられてはいたが…」と悔しがった。

 前日に「WHO?知らない」と話していた清宮の印象は「今日が最初だが二塁打を打たれた。これから対戦する中でいろいろと感じていければ」。打線も助っ人を援護できず、12残塁で今季3度目の零敗となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月16日のニュース