清宮、先制呼ぶ大飛球「点につながったので、ファイターズの一員として戦えている感じ」

[ 2018年5月16日 22:40 ]

パ・リーグ   日本ハム1―0西武 ( 2018年5月16日    東京D )

<日・西>7回、清宮は大飛球を放つ
Photo By スポニチ

 日本ハムの清宮が幸運な形で好機をつくった。0―0の7回に先頭打者で右中間フェンス手前へ大きな飛球を運ぶと、これを中堅手の秋山が落球。一気に三塁まで進み、西川の先制犠飛につなげた。「点につながったので、ファイターズの一員として戦えている感じがする」と喜んだ。

 前日15日に22打席ぶりに安打を放つなど、打撃の状態は上向いている。3打数無安打に終わったが「落ち着きもあったし、ボールも見えている。内容も良かった。結果は出ていないけれど、次につながると思う」とうなずいた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月16日のニュース