マー君 5回3失点で5勝目ならず「ぱっとしない登板」 試合は降雨サスペンデッド

[ 2018年5月16日 11:30 ]

インターリーグ   ヤンキース―ナショナルズ ( 2018年5月15日    ワシントン )

<ナショナルズ・ヤンキース>先発した田中 (AP)
Photo By AP

 ヤンキースの田中将大投手(29)が15日(日本時間16日)のナショナルズ戦に先発。今季5勝目を懸けてのマウンドだったが、5回を投げて1本の被本塁打を含む4安打3失点の内容で勝敗はつかなかった。この日の球数は72。

 田中は初回に2死から3番・レンドンに左越えソロを被弾。低めのシンカーをスタンドまで運ばれると、2回は1死二塁のピンチで7番・スティーブンソン、8番・セベリーノと続けて適時打を許し、早くも3失点を喫した。

 それでも、田中はここから立ち直り、3回から3イニング続けて三者凡退。2回1死から打者11人連続で凡打に切って取った。味方打線はオースティンが4回に2ラン、5回には犠飛を放ち、3―3の同点とした。

 この日は指名打者制を採用しないナ・リーグ主催の試合。田中も「8番・投手」でラインアップに名を連ね、2回の第1打席は無死二、三塁の好機に空振り三振。4回の第2打席は1死走者なしの場面で投ゴロに倒れ、6回の第3打席で代打を送られた。

 試合は6回のヤンキース攻撃終了後に雨が激しくなり中断。約1時間、雨が止むのを待ったが、結局、降雨サスペンデッドとなり、翌日に6回裏、ナショナルズの攻撃から再開されることになった。

 ▼田中の話 ぱっとしない登板だったと思う。何かを変えないと、このままずるずるいくなと思った。セット(ポジション)の方が今日に関して言えば安定していたので、そっちに切り替えて投球していった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月16日のニュース