PR:

大谷 初の2番でコールから1安打も「素晴らしい投手。なかなか打ち崩すのは難しい」

ア・リーグ   エンゼルス3―5アストロズ ( 2018年5月15日    アナハイム )

<エンゼルス・アストロズ>アストロズ戦に2番・DHでスタメン出場したエンゼルス・大谷                                
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平(23)は15日(日本時間16日)、本拠地でのアストロズ戦に初めて「2番・DH」でスタメン出場。5回の第3打席で右前打し、4打数1安打で、連続試合安打記録を4に伸ばした。チームは3―5で逆転負けした。

 大谷は初回1死の第1打席で、アストロズのコールの高めの132キロのカーブをとらえられず空振り三振。それでも、続くアップトンが先制の2ランを放ち、エンゼルスが先制した。

 3回2死の第2打席は外角の変化球にタイミングが合わず三邪飛。3−1となって迎えた5回2死一塁の第3打席では、1ボールから低めのカーブをとらえる右前打。内野陣が右寄りに守る「大谷シフト」を痛烈な打球で破った。

 ▼大谷の話(初の2番で)しっかりチャンスをつくれるようにやりたいと思っていた。(相手先発のコールは)素晴らしい投手だとやる前から分かっていたが、改めて打席でやっぱり素晴らしいと感じた。なかなか打ち崩すのは難しい。

[ 2018年5月16日 15:25 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月23日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム