ロッテ清田 連日お立ち台「うれしい。最高です」

[ 2017年5月28日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2―1オリックス ( 2017年5月27日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>お立ち台でポーズを取る二木(左)と清田
Photo By スポニチ

 ロッテ・清田が連日の殊勲打を放った。3回1死二、三塁の場面で松葉の低めのフォークをすくい上げ、決勝打となる先制の左前2点適時打。「二木がいい投球をしていたので点を取ってやりたかった」。

 前日の同戦(ZOZOマリン)は同点の9回にサヨナラ打。2年ぶりに2日連続でお立ち台に上がり、「うれしい。最高です」とチーム3連勝の喜びをかみしめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月28日のニュース