ヤクルト 5連敗で最下位転落 ライアン背中の張りで登録抹消へ

[ 2017年5月28日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―4中日 ( 2017年5月27日    ナゴヤドーム )

<中・ヤ>6回無死二塁、ビシエドに四球を与えたところで降板する小川(中央)
Photo By スポニチ

 ヤクルトが踏んだり蹴ったりの5連敗で4月29日以来の最下位に転落した。

 先発の小川が背中の張りを訴え、6回無死一、二塁で降板。救援陣が走者を還され、2―2の同点とされた。8回に石山が打たれ、2日連続で勝利の方程式が崩壊。借金が今季最多タイの8に膨らんだ真中監督は「疲れが出てきてるところだけど。ここを乗り越えていかないと」と厳しい表情だ。小川は試合後「いけると思います」と次回登板へ意欲を見せたが、首脳陣は大事を取って出場選手登録抹消を決めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月28日のニュース