オリ 31日にも自力V消滅…9連敗で球団ワーストタイ月間19敗目

[ 2017年5月28日 05:39 ]

パ・リーグ   オリックス1―2ロッテ ( 2017年5月27日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>選手交代を告げる福良監督
Photo By スポニチ

 屈辱にまみれた。オリックスは最下位のロッテにも連敗を喫し5年ぶりの9連敗。5月19敗となり03年8月の球団月間ワーストに並んだ。9カード連続負け越しは52年のフランチャイズ制導入以降では8カード(59、92年)を上回る球団最悪の不名誉記録となった。

 試合前からドタバタ劇が展開された。5番・三塁で先発予定だったモレルがメンバー表交換直前に右膝痛を訴えた。変更は間に合わずグラウンドに一度も姿を見せないまま初回の守備で交代。試合後、福良監督は助っ人に怒りの矛先を向けた。

 「トレーナーと来て、ダメみたいなことを言ってきた。急に言われても痛いよね。シートノックとか、いつも通り練習していたし、どこで、どうなったのか分からない」

 5月22試合で47得点(1試合平均2・1点)。ただでさえ得点力が低下している中で助っ人が離脱をしては得点など望めない。二木の前に8回まで散発4安打。9回2死からT―岡田の12号ソロで完封負けを阻止するのがやっと。指揮官は「これだけ点が入らなかったら、勝ちようがない」と嘆くしかなかった。

 5月はまだ3試合を残しており全敗なら61年8月に近鉄が記録したプロ野球記録22敗にも並ぶ。T―岡田が「切り替えるしかない」と言えば、小谷野も「自分たち以上に監督に苦しい思いをさせてしまっている」と責任を背負う。早ければ31日にも自力優勝の可能性が消滅。シーズンを左右しかねない局面を迎えた。 (湯澤 涼)

 ≪プロ野球記録にあと3≫オリックスが今季初の9連敗。5月は19敗目(3勝)で、03年8月(4勝1分け)に並ぶ月間最多敗戦の球団ワースト記録となった。プロ野球記録は61年8月の近鉄で22敗(8勝)。オリックスは今月あと3試合あり、全敗ならこれに並ぶことになるがどうか。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月28日のニュース