大谷 負傷後初の屋外フリー打撃 ド軍&レ軍連日の視察

[ 2017年5月28日 05:30 ]

負傷後初めて屋外でフリー打撃を行う大谷
Photo By スポニチ

 左太腿裏肉離れで2軍調整中の日本ハム・大谷が27日、負傷後初めて屋外でフリー打撃を行った。21スイング中、3連発を含む4本の柵越えを披露し「できる範囲でやった。きのう(26日は雨天で)できなかったので良かった」と振り返った。

 26日に続きドジャース、レンジャーズの関係者が視察した。フリー打撃のほかダッシュ、遠投などのメニューもこなし「(左足は)大丈夫」。だが、スパイクを履いてのベースランニングなど実戦に近い動きの再開は1、2週間後がメドで、本田訓宏2軍トレーナーは「ベースランニングができるようになってから試合とかになる。慎重に」と説明した。現実的には5月30日から6月18日に行われる交流戦期間中に間に合うかは微妙な状況。打撃には支障がなく、28日もフリー打撃を行う予定だ。 (柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月28日のニュース