午後10時超え反省…都高野連 午後9時以降は新たな延長回入らず

[ 2017年5月28日 05:44 ]

終了が午後10時6分だった4月の春季大会決勝・早実―日大三戦(神宮)
Photo By スポニチ

 東京都高野連加盟校の責任教師・監督会議が27日に都内で行われ、新規定が設けられた。

 ナイターで延長12回に及び、終了が午後10時6分だった4月の春季大会決勝・早実―日大三戦(神宮)の反省を踏まえて、午後9時以降は新たな延長回に入らず再試合とする。また、試合開始が午後6時30分より遅れる場合は試合を中止する。

 武井克時理事長は「健康管理や高校生としての時間帯を考えて基準を設けた」と説明した。

 また、今夏の東西東京大会で準決勝以降の入場券をチケット会社を通じて前売り販売することが発表された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年5月28日のニュース