楽天13点大勝30勝一番乗り!茂木生え抜き初10号 岸は本拠地初勝利

[ 2017年5月28日 15:54 ]

パ・リーグ   楽天13―2西武 ( 2017年5月28日    kobo宮城 )

<楽・西>2回、茂木(左)が右越えに10号ホームランを放ちペゲーロとハイタッチ
Photo By スポニチ

 楽天が序盤から大量得点を挙げ、西武に大勝。チームを12球団最速となる42試合目での30勝到達に導いた

 初回、ペゲーロが2試合連続となる11号左翼席ソロに放ち先制すると、2回には茂木がチームの生え抜き日本人選手としては初となる10号2ランを右翼席に放つなど、3回までに10点をあげ試合の大勢を決めた。

 大量援護に守られた先発の岸は7回2失点で本拠地・Koboパーク宮城では移籍後初勝利となる4勝目(1敗)をあげた。

 西武は今季初先発の誠が序盤から楽天打線につかまり3回持たずKO、打線も秋山の9号ソロ以外見せ場を作ることができなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月28日のニュース