タカガール・吉本実憂「夢が叶った」ドキドキのワンバン始球式

[ 2017年5月14日 13:41 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―楽天 ( 2017年5月14日    ヤフオクD )

 北九州市出身で女優の吉本実憂(20)が14日、ヤフオクドームで行われたソフトバンク対楽天戦の始球式を務めた。「タカガール デー」と銘打たれたこの日は女性来場者全員(ビジターを除く)にピンクのタカガールユニホームがプレゼントされ、鷹党の吉本は左胸にマジックで大きく「鷹」と書き込み、ネイルもホワイトとイエローの「ホークスカラー」でマウンドに立った。

 しかし、ボールは左打席に立った楽天・茂木の背中を通りワンバン。「緊張した。ボールがちょっと曲がっちゃってので悔しい」とガックリ。ヤフオクドームで念願の始球式を実現させ、「ソフトバンクの選手は子どもの頃からのヒーローのような存在。夢が叶った。またできるように頑張りたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月14日のニュース