ヤクルト・荒木 初のサヨナラ打が劇的満塁弾!「体が震える」

[ 2017年5月14日 18:52 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―1中日 ( 2017年5月14日    松山 )

<ヤ・中>9回裏2死満塁、荒木は左越えにサヨナラ満塁本塁打を放つ
Photo By スポニチ

 1―1の9回2死満塁、カウント2―0からの3球目、ヤクルトの荒木は中日・大野の142キロをフルスイングした。「手ごたえはあったが、まさか入るとは…」お立ち台でそう語ったが、捉えた瞬間に手を上げていた。

 「積極的に行こうと思った。空振りでもいいと割り切った」という一振りが、ヤクルトに劇勝を呼び込んだ。初のサヨナラ打が、満塁弾。ヤクルトでは、4月2日に鵜久森がDeNA戦で代打サヨナラ満塁本塁打を放っており、セ・リーグで初の1シーズン2本記録した球団となった。

 試合の行われた松山は、荒木にとって自主トレで訪れている馴染みの地だけに、「体が震えるというか。喜びがわき上がってくる」「皆さんの前で打ててよかった」と興奮さめやらぬ表情だった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月14日のニュース