PR:

近大8季ぶり45度目V!大学選手権出場決定

関西学生野球連盟 第7節2回戦   近大6―0京大 ( 2017年5月14日    甲子園 )

8季ぶりのリーグ優勝を決めた近大の選手
Photo By スポニチ

 近大が京大を破り、2013年春以来8季ぶり45度目(旧リーグを含む)の優勝を飾った。近大は6月5日に開幕する全日本大学野球選手権(神宮ほか)への出場が決定。1回戦で中国地区大学野球連盟の優勝チームと激突する。

 部員の不祥事で13年秋のリーグ戦出場を辞退した西の名門が鮮やかによみがえった。2回2死二塁から中川智裕内野手(2年)が右中間を深々と破る先制の適時三塁打。4回2死一、二塁から牧野慎也内野手(3年)の左越え2点適時打などで3得点。7回も2点を追加し、京大を突き放した。

 先発した今秋ドラフト候補の最速147キロ左腕・岡田和馬投手(4年)が緩いカーブやスライダーを巧みに織り交ぜて4安打完封。今春無傷の4勝目を挙げた。開幕節の立命大3回戦から破竹の9連勝で頂点に立った近大。上宮、東大阪大柏原の監督を経て14年春に就任した田中秀昌監督(60)の下、結束深めるチームは胸を張って東の聖地へ乗り込む。

[ 2017年5月14日 12:25 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月20日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム