楽天 茂木プロ初の満塁弾などでソフトBに大勝

[ 2017年5月14日 16:29 ]

パ・リーグ   楽天9―2ソフトバンク ( 2017年5月14日    ヤフオクドーム )

<ソ・楽8>楽天先発の岸
Photo By スポニチ

 首位の楽天は茂木のプロ初満塁弾を含む、12安打9得点と打線が爆発し、2位のソフトバンクに大勝した。投げては、先発の岸が7回4安打1失点に抑え、今季3勝目(0敗)を挙げた。ソフトバンクは6連勝を逃した。

 試合は、初回2死、ウィーラーの4号ソロで楽天が1点を先制。5回、無死満塁から、茂木がソフトバンク先発・寺原の高めのスライダーを叩き、レフトスタンドに入る8号満塁弾。代わった2番手・飯田からも銀次がライトへ2号2ラン。この回、打者一巡の攻撃で6得点で、リードを7点に広げた。その後も、ソフトバンクのリリーフ陣を攻め、2点を追加した。

 ソフトバンクは7回、1死満塁から松田の中犠飛、8回、無死満塁から柳田の左犠飛でそれぞれ1点ずつを返すも、反撃はここまでだった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月14日のニュース