ロッテ細谷 痛恨の犠打エラー 2軍落ち決定「走者を見過ぎた」

[ 2017年5月14日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ6―11日本ハム ( 2017年5月13日    東京ドーム )

<日・ロ8>6回2死満塁、矢野を迎えマウンドの有吉(中央)の元に集まるナイン
Photo By スポニチ

 ロッテは序盤に守備のミスが出た。2回だ。1点を先制されて1死二、三塁の場面。石井一のセーフティーバントにチャージした一塁手・細谷がファンブルし、2点目を失った。

 一塁線を切るかと思われた打球だったが、記録は犠打エラー。3回守備から一塁は猪本に代わり、細谷の2軍落ちも決まった。細谷は「(三塁)走者を見過ぎた。ボールを見失ってしまった」と悔しさをにじませた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年5月14日のニュース