今度は荒木!ヤクルト セ史上初シーズン2度のサヨナラ満弾

[ 2017年5月14日 18:41 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―1中日 ( 2017年5月14日    松山 )

<ヤ・中>9回2死、荒木は左越えにサヨナラ満塁本塁打を放つ
Photo By スポニチ

 ヤクルトの荒木貴裕内野手(29)が14日、中日戦で同点の9回、サヨナラ満塁本塁打を放った。ヤクルトは4月2日のDeNA戦(神宮)でも鵜久森淳志外野手(30)が代打サヨナラ満塁本塁打を放っており、同一球団によるシーズン2度のサヨナラ満塁弾はセ・リーグ史上初の快挙となった。

 途中出場した荒木は同点の9回2死満塁で、中日の2番手・大野のカウント2ボールからの内角低め直球を左翼席に運んだ。今季2号は値千金のサヨナラ満塁弾。プロ8年目で通算8本塁打目となった伏兵が試合を決めた。

 同一球団によるシーズン2本のサヨナラ満塁本塁打は88年にパ・リーグで阪急の藤田浩雅、福良淳一以来、29年ぶりでプロ野球史上3度目、セ・リーグでは史上初の快挙となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年5月14日のニュース