イチロー 急降下22打数1安打 主力復帰で先発落ち危機

[ 2016年5月31日 05:30 ]

<ブレーブス・マーリンズ>8回、中飛に倒れるマーリンズのイチロー。この試合5打数無安打に終わった

ナ・リーグ マーリンズ7―3ブレーブス

(5月29日 アトランタ)
 マーリンズ・イチローのバットから快音が消えた。

 最近の出場5試合で3度目の5打数無安打。3試合で10安打した24日のレイズ戦以降は、22打数1安打。打率は一時の・417から・317に急降下した。腰痛で先発から外れていた左翼のイエリチが9試合ぶりに先発復帰し、右脇腹痛で離脱している主砲スタントンもフリー打撃を再開。ドン・マッティングリー監督は当面は「様子を見る」と話してきたが、主力の復帰に伴い先発落ちの危機が訪れた。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月31日のニュース