青木 首位の座明け渡す ダルとの対戦は「楽しみ」

[ 2016年5月31日 05:30 ]

<マリナーズ・ツインズ>3回、死球を受けるマリナーズ・青木

ア・リーグ マリナーズ4―5ツインズ

(5月29日 シアトル)
 マリナーズ・青木は5試合連続安打を放ち、打率が4月15日以来となる・250まで浮上。しかし、チームは3連敗してライバルのレ軍に14日ぶりに首位の座を明け渡した。

 8回は今季左打者に対してここまでの21打席で安打を許していなかった救援左腕アバドから、内角直球を左前打し「結構厳しいところをうまく打てた」と自賛。首位から陥落したが「まだまだこれから」とし、「楽しみにしている」と話すダルビッシュとの対戦に向けて調子を上げていく。 (小林由加通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月31日のニュース