九州学院 初戦敗退も笑顔 試合できる喜び「こんなに楽しいのか」

[ 2016年5月13日 05:30 ]

佐賀商に敗れ、引き揚げる九州学院ナイン

春季高校野球九州大会2回戦 九州学院5―10佐賀商

(5月12日 長崎県営)
 九州学院(熊本)は熊本地震の影響で思うように活動できなかったなか、佐賀商相手に初戦敗退。それでも0―8の5回に5点を返す見せ場をつくった坂井宏安監督は「試合ってこんなに楽しいのか」とにこやかに振り返った。

 地震後は練習が休止となり、4月26日から集まれるメンバーだけで体を動かし始めたが、松野謙主将は「支えてもらってばかり。次は自分たちが頑張る番だとみんなで言い合った」と打ち明けた。センバツ4強の秀岳館とともに熊本勢は初戦敗退。練習不足が少なからず影響したが指揮官は「課題も見えた。収穫ある大会だった」と前向きに話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年5月13日のニュース