広島ジャクソン連夜の乱調…カープ1点差ゲームは今季2勝7敗

[ 2016年5月13日 05:30 ]

<ヤ・広>8回、ジャクソン(中央)はリードを守れず追いつかれる

セ・リーグ 広島3―4ヤクルト

(5月12日 神宮)
 延長10回サヨナラ負け。広島は連敗を喫し、3カード連続の負け越しとなった。

 前日11日の同戦でも1/3回で2失点を喫したセットアッパー・ジャクソンの乱調が大きく響いた。3―2の8回、3四球に加えて比屋根に2盗塁を許すなど被安打0ながら同点にされた。「きょうはスライダーでストライクが取れなかった」。これで今季1点差ゲームは2勝7敗。接戦を勝ち抜く投手陣の整備が急務だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月13日のニュース