4戦連発中のハム大谷、打者出場回避へ 15日西武戦先発に専念

[ 2016年5月13日 06:50 ]

日本ハムの大谷

 打者で4戦連発中の日本ハム・大谷は13日からの西武3連戦(札幌ドーム)で、打者出場を回避する。

 北海道への移動日だった栗山監督は「(打者で使わないと)もったいないとか、そういう考えは一切ない」と、15日の同戦先発の準備に専念させる。今季は投手で1勝3敗。結果次第では二刀流の是非も浮上しそうだが、「いろんな意見があるが、プレッシャーに負けない。(次回登板は)圧倒してほしい。初回からガバーッと、グーッといってほしい」と話した。17日のソフトバンク戦(北九州)からは打者出場予定で「札幌ドームより、北九州、ヤフオクドームの方が狭い」と5戦連発にも期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月13日のニュース