佐々木主浩氏、清原被告初公判に証人出廷へ

[ 2016年5月13日 13:29 ]

 覚せい剤取締法違反罪に問われた元プロ野球選手清原和博被告(48)の17日の初公判に、元プロ野球選手で野球評論家の佐々木主浩氏(48)が弁護側の情状証人として出廷することが13日、関係者への取材で分かった。

 佐々木氏はプロ野球横浜(現DeNA)や米大リーグなどで投手として活躍し、清原被告とは同学年で親交が深かった。今年1月には、日本プロ野球名球会の会員が集まって福岡市で行われた試合で清原被告と対戦。清原被告が2月に逮捕された際は、「裏切られた気持ちで悲しい」と話していた。

 起訴状によると、清原被告は2月、東京都内の自宅マンションで覚醒剤を所持したり、都内のホテルで使用したりしたとしている。初公判は17日午後1時半から東京地裁で開かれ、即日結審する見通し。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月13日のニュース