大谷 11打席ぶり安打で復調兆し、それでも「内容詰めないと」

[ 2016年3月19日 19:54 ]

オープン戦 日本ハム8―3ヤクルト

(3月19日 札幌ドーム)
 日本ハムの大谷が11打席ぶりの安打を含む2安打と復調の兆しを見せた。6回、先頭打者で甘く入った変化球を捉えると右翼線へ強烈な二塁打。今オープン戦初の長打をマークし勢いに乗ると8回には141キロを左前に運んだ。「結果的に良かった」と話した。

 投手としては25日の開幕戦に向けて着々と調整を進めていたが、野手としては過去2戦連続で安打が出ていなかった。この日はこれまで務めていた上位打線とは違い「7番・指名打者」で出場し結果を残した。「内容をもっと詰めないといけない」と満足していなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月19日のニュース