マー君、登板翌日も問題なし 次回は今後の状態見て判断

[ 2016年3月19日 09:50 ]

守備練習をするヤンキース・田中

 ヤンキースの田中は30メートル強のキャッチボールや投内連係などで体を動かした。前日17日のパイレーツ戦は2回2失点と乱調だったが、体の状態は問題なさそうだ。

 ロスチャイルド投手コーチは次回登板を今後の状態を見て判断するとした。前日の投球については、速球の制球力を欠いた点を指摘し「まだ調整期間で無理をせずに彼のペースで投げている。徐々に良くなるだろう」と期待した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月19日のニュース