バレ開幕アウト…左脇腹肉離れ 真中監督「焦って開幕に合わせても…」

[ 2016年3月19日 05:30 ]

ヤクルトのバレンティン

 開幕絶望――。左脇腹肉離れで戦線離脱しているヤクルト・バレンティンが25日の開幕戦・巨人戦(東京ドーム)を欠場する見通しとなった。

 この日、札幌へ移動した真中監督が羽田空港で取材に応じ「無理だと思う。焦って開幕に合わせても仕方ない。東京ドームは厳しい」と主砲抜きで開幕カードに臨む意向を口にした。

 バレンティンは12日のフリー打撃でスイングした際に負傷。14日に都内の病院でMRI検査を受け、左脇腹の肉離れと診断された。現在もキャッチボールや打撃練習など患部に負荷のかかるメニューは行わず、今回の札幌遠征も同行していない。首脳陣はファームで実戦を経てから、万全の状態で1軍に合流させる方針。復活を期す今季だが、患部の回復次第では、4月上旬以降に復帰がずれこむ可能性も出てきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月19日のニュース