能見 先発で6回1失点、開幕2戦目へ死角なし 2点適時打も

[ 2016年3月19日 15:43 ]

<オ・神>先発で6回1失点の能見

オープン戦 阪神4―2オリックス

(3月19日 京セラドーム)
 阪神・能見篤史投手(36)が19日、オリックスとのオープン戦(京セラドーム)に先発し6回4安打1失点と申し分ない投球を披露した。得意のフォーク、スライダーを低めに集めて8奪三振。打撃でも6回1死満塁から、左中間を破る2点適時打を放つなど投打で存在感を見せつけた。開幕2戦目となる3月26日の中日戦(京セラドーム)へ死角は見当たらない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月19日のニュース