オリ ドラ2近藤大が4回1失点、毎回8Kに酒井投手コーチ評価 

[ 2016年3月19日 21:14 ]

オープン戦 オリックス2―4阪神

(3月19日 京セラドーム)
 オリックスのドラフト2位ルーキー・近藤大が阪神戦(京セラドーム)に先発。4回2安打1失点で、4四球ながら毎回の8三振を奪った。初回に先頭・高山に二塁打を許すも、続く売り出し中の横田を142キロ直球で空振り三振。続くヘイグは、内角の142キロで見逃し三振に仕留めた。8三振のうち5個が直球で奪ったもの。酒井投手コーチは「いらない四球もあった」としながら、「あれだけ直球で空振りを取れる投手はそんなにいない」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月19日のニュース