ムネリン 本塁打にあとちょっと「最高のツーベースが打てた」

[ 2016年3月19日 05:30 ]

<カブス・ダイヤモンドバックス>5回、適時二塁打で出塁後、後続の安打で生還しベンチで祝福されるカブスとマイナー契約の川崎

オープン戦 カブス15―4ダイヤモンドバックス

(3月17日 メサ)
 マイナー契約のカブス・川崎は「8番・二塁」で先発し、3打数1安打1打点と好調を維持した。

 5回、6年連続60試合以上登板の救援右腕クリッパードから、右翼フェンス手前に落ちる適時二塁打。あと数メートルで本塁打の飛球に「いいところに飛んでくれた。最高のツーベース打てました」。オープン戦11試合で打率・381とアピールを続ける。守備では正遊撃手ラッセルと初コンビで連係も確認。「内野、外野どこでもやらないと。どこでも守りたい」と意欲的だった。 (石井孝尚通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年3月19日のニュース