和田監督 天敵撃ちにニンマリ「ずっと打てなかった投手」

[ 2015年7月22日 21:24 ]

<神・巨>ナインを迎える和田監督(右)

セ・リーグ 阪神4―2巨人

(7月22日 甲子園)
 今後につながる1勝だった。阪神はここまで4戦4敗だった巨人・ポレダに初黒星を付けた。それだけに和田監督は安どの表情でこう振り返った。

 「5度目の正直。ずっと打てなかった投手だし、攻略できたのは大きい」

 初回2死満塁から6番・新井良が初球を捉え、走者一掃の中越え二塁打。天敵から奪っった先制点がチームを活気づけた。

 「(戦術的な)細かいことはここでは言いずらいが、狙い球を絞れて積極的にいけた。凡打でも内容が良かった」と指揮官。勝利を5割に戻し、ヤクルトと並んで首位タイに浮上も、勝負どころはこれから。「一戦一戦を大事に戦っていきたい」。勝って兜(かぶと)の緒を締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月22日のニュース