東京実2戦連続延長サヨナラで8強!3番・鈴木 犠飛で決めた

[ 2015年7月22日 05:30 ]

<東京実・堀越>延長10回、サヨナラ犠飛を放つ鈴木

第97回全国高校野球選手権東東京大会5回戦 東京実5-4堀越

(7月21日 神宮)
 昨秋は2回戦、今春は1回戦で敗れた東京実ナインが、飛躍の夏を迎えた。延長10回の末、堀越にサヨナラ勝ちして2年ぶりの8強入り。10回1死三塁からサヨナラの右犠飛を放った3番・鈴木は「強い打球を打てば点が入る状況だったので、力まずに振ることだけ考えた」と喜んだ。

 初回にも先制の左前打を放つなど2安打2打点。それでも「連投で横山が疲れていた。そういう時に投手を引っ張る捕手になりたい」と女房役の自覚ものぞかせた。2試合連続の延長サヨナラ勝ちに、山下秀徳監督は「持ち味の粘り強さ、勝負強さが出せた。これまでの試合と比べて、選手たちが良く動けていた。やっと硬さがとれましたね」と振り返った。準々決勝では都篠崎と4強を懸けて戦う。鈴木は「どこが相手でも、一戦必勝で頑張ります」と前を向いた。(西向 智明)

 ▼堀越・奈良原(西武・奈良原内野守備走塁コーチの長男。2安打も昨夏と同じ5回戦で敗戦)昨年を超えたいというのが力みにつながったのかもしれない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月22日のニュース