杉内 粘れず猛省「先に2点も与えてしまっては駄目」

[ 2015年7月22日 05:30 ]

<神・巨>6回裏、適時打を打たれ降板となった杉内は、汗を拭いベンチに戻る

セ・リーグ 巨人1-2阪神

(7月21日 甲子園)
 巨人の先発の杉内は勝負どころで粘れなかった。5回まで散発4安打も、6回2死二塁でゴメスに四球。続くマートンに先制の左越え2点適時二塁打を許し、降板を告げられた。

 痛打された内角高めの直球は「甲子園は点が入りにくい球場。先に2点も与えてしまっては駄目」と猛省。原監督は「あとひと踏ん張り。ああいう場面をどう抑えるか」と左腕の尻を叩いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月22日のニュース