カブス和田、3Aで4回1/3を6失点「言い訳はできない」

[ 2015年7月22日 15:18 ]

 左肩三角筋の炎症で故障者リスト(DL)入りしている米大リーグ、カブスの和田毅投手は21日、傘下マイナー3Aアイオワの一員として本拠地でのラウンドロック戦に先発し、4回1/3を8安打6失点、3三振で負け投手になった。

 2回まで無失点だったが、3回に5連続長短打を浴びるなどして5失点。5回途中にめどの85球に達して降板し「調子自体は悪くなかったけど、結果がこれだから言い訳はできない」と話した。

 カブスは先発投手が豊富なため、復帰時期は未定。6月下旬にDL入りしている和田は「肩は大丈夫なので、しっかり自分の投球ができるようにしていく」と気持ちを切り替えながら言った。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月22日のニュース