ついに天敵撃ち!阪神、巨人連破で首位タイ浮上 ポレダを攻略

[ 2015年7月22日 21:04 ]

<神・巨>初回2死満塁、新井がポレダ(左)から走者一掃の適時二塁打を放つ

セ・リーグ 阪神4―2巨人

(7月22日 甲子園)
 阪神はここまで4戦4敗と苦手にしていた巨人・ポレダを攻略し、ヤクルトと並んで首位タイに浮上した。

 鮮やかな先制攻撃だった。初回、先頭・鳥谷の安打と2四死球の2死満塁から新井良の走者一掃の中越え二塁打で3点を先制した。2点差に迫られた6回には江越の2号ソロで追加点。先発の能見を援護した。

 その能見はテンポのいい投球で6回を6安打1失点に抑え、今季7勝目(9敗)で通算80勝。チームは勝率5割復帰で、ヤクルトと並んで首位タイに浮上した。

 巨人はポレダが4回3失点で阪神戦初黒星。この日、57歳の誕生日を迎えた原監督に白星を贈れず、首位の座を明け渡した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月22日のニュース