李大浩20号2ランでダメ押し 自画自賛「すべて完璧だった」

[ 2015年7月22日 05:30 ]

<ソ・ロ>6回2死一塁、中越えに2ランを放つ李大浩(投手・石川)

パ・リーグ ソフトバンク3-0ロッテ

(7月21日 ヤフオクD)
 ソフトバンク・李大浩の20号2ランがダメ押しだった。6回、内川の先制打の直後に石川のシンカーを捉え、バックスクリーンに運んだ。「打った瞬間入ると思った。センターへの本塁打はバランスもすべて完璧だったということだと思う」と自画自賛の一発。

 82試合目にして昨年の19本を抜き、日本での自己最多となるオリックス時代の24本超えも視界に入った。それでも「まだ何が起こるか分からない」と気を抜かずにさらなる上積みを狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月22日のニュース