DeNA3連敗スタートも石田好投が光明…キヨシ監督「何かのヒントに」

[ 2015年7月22日 21:13 ]

<D・ヤ>5回1死一塁から石田のバントは併殺に。二塁セーフを塁審・山路に抗議する中畑監督

セ・リーグ DeNA1―2ヤクルト

(7月22日 横浜)
 前半戦を首位で折り返したDeNAが、後半戦はまさかの3連敗スタート。苦手のヤクルトにホームで3タテを食らった中畑監督は、悔しそうな顔を見せながらも1―2での惜敗に「久しぶりに緊張感のある試合ができた手応えはあった」と光明を口にした。

 第1戦は8失点、第2戦は最終回に11失点するなど記録ずくめの17失点。これ以上の“投壊”が許されない中で先発した左腕・石田が好投した。初回に4安打を浴びて2点を失ったが、その後は立ち直って7回2失点。中畑監督は「石田の好投はうちにとって勇気になった。最初の失点だけで抑えたのは何かのヒントになったのではないか」と投手陣の巻き返しに期待を寄せた。

 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年7月22日のニュース