専大松戸・原7回10K 最後の夏、天国の母に誓う甲子園

[ 2015年7月22日 05:30 ]

<我孫子東・専大松戸>力投する原

第97回全国高校野球選手権千葉大会5回戦 専大松戸8-0我孫子東

(7月21日 QVCマリン)
 専大松戸の148キロ右腕・原が今夏初先発。コールド勝ちした我孫子東相手に、7回参考ながら4安打10奪三振で完封した。最速145キロの直球を軸に6回2死から4者連続三振で締め「真っすぐが走っていた。最終回は良かった。序盤は少し浮いていたのでもう少し早く修正できるようにしたい」と汗を拭った。

 前日の船橋芝山との4回戦ではランニング本塁打を放つなどバットで魅せたが、「本業」でもアピールした。昨年7月に母・昭子さん(享年50)を亡くし、野球に集中できない日々が続いた。持丸修一監督から「お母さんは近くで見ている。おまえらしいプレーを見せろ」と言葉を掛けられ、最後の夏に向かった。春夏通じて初の甲子園へ、残るは3勝。エースは「しっかり投げて、質を良くしていけば打たれないと思う」と自信を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月22日のニュース