敦賀気比・平沼 初登板で1回2K!春夏連覇へ上々の試運転

[ 2015年7月22日 05:30 ]

第97回全国高校野球選手権福井大会準々決勝 敦賀気比8-1足羽

(7月21日 敦賀市総合運動公園)
 選抜V腕が貫禄の投球を見せた。敦賀気比の平沼翔太投手(3年)が今大会初登板。7点リードの7回から4番手でマウンドに上がり、1回2奪三振無失点で4強一番乗りを決めた。

 球場のスコアボードに平沼の名前が表示されると、スタンドから拍手が湧き起こった。躍動感あふれるフォームで先頭の石岡を遊ゴロに仕留め、木下は高めの速球で空振り三振。石田には四球を与えたが、代打・石森にはスライダーで空を切らせた。打者4人に16球。東哲平監督が「もともと、1イニングいくと決めていた」という試運転を、上々の内容で終えた。

 「調子が良かったので、少し力みました。点差があったので、緊張はしませんでした」

 選抜後に投球の幅を広げるため、新たにツーシームを習得。この日は投じることはなかったが、準決勝以降は「どんどん使っていきたい」と解禁を宣言した。

 2年生ながら主戦として投げ抜いた昨夏とは状況も違う。初戦の2回戦に続き先発した1学年下の山崎は5回1安打無失点と完璧な内容。頼れる仲間たちのおかげで、余力を残して勝ち上がることができた。

 「これまで他のピッチャーがしっかり抑えてくれた。残り2試合なので、全力でいきます」

 3季連続の聖地キップをつかむため、エースとして右腕を振る。(石丸 泰士)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年7月22日のニュース