上原 今季初勝利!田沢もサヨナラ勝ちお膳立て

[ 2015年4月18日 11:47 ]

サヨナラ打を放ったボガーツを祝福する上原(AP)

 レッドソックスは17日、地元ボストンで同じア・リーグ東地区のオリオールズと対戦し3―2でサヨナラ勝ち、上原が今季初勝利を挙げた。レッドソックスは開幕から4カード連続で初戦白星を飾り、7勝3敗で同地区首位をキープした。

 2―2で迎えた8回に田沢が3番手で登板し、1回を3者凡退でピシャリ。2番のピアースを三ゴロ、3番のスナイダー、4番のジョーンズを連続空振り三振に切って取った。

 続いて9回には上原が登板し、5番のデービスを右飛、6番のマチャド、7番のジョセフを連続空振り三振に仕留めた。

 その裏、チームはナポリの四球を足場に1死二塁とし、ボガーツが右前へサヨナラタイムリー安打を放った。勝利投手となった上原は真っ先にベンチを飛び出し、殊勲のボガーツを祝福した。

 田沢は今季5試合目の登板、上原は15日にメジャー復帰を果たして2試合目でのうれしい白星。2人とも防御率は0・00と、安定感を見せている。

 ▼上原の話 低めを丁寧に投げられたので良かった。(スプリットは)空振りを取れているのでいい感じだと思う。チームの流れに自分も乗れているけど、まだこれから。

 ▼田沢の話 いい形で上原さんにつなげられた。(スライダー中心の配球は)打者がスプリッターに意識がいっているのを、キャッチャーが(把握して)うまくリードしてくれたと思う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月18日のニュース