雄平 援護V弾「ボール球だけど体が反応した」

[ 2015年4月18日 05:30 ]

<ヤ・D>ヒーローインタビューで雄平(右)と並んでファンに手を振る小川
Photo By スポニチ

セ・リーグ ヤクルト3-1DeNA

(4月17日 神宮)
 ヤクルトの雄平が6回に左越え2号ソロを放ち、小川の勝利をアシストした。「見逃せば高めのボール球だけど体が反応した。初回のチャンスで走者を還せず悔しかった」。

 初回1死一、三塁で空振り三振していただけに、安どの表情だった。ファンクラブ入会者にプレゼントする「CREWユニフォーム」で臨んだ一戦。DeNAとの3連戦限定で使用される。優勝を目指す船に乗るクルーとして一丸になる思いが込められている。川端は「ファンと一体感があっていいですね」と話した。

 ≪63度目≫バーネット(ヤ)が史上57人、63度目の1球セーブ。球団では11年林昌勇に次ぎ7人、8度目だ。なお、併殺で2死を奪った1球Sは10年武田久(日)以来。

 ▼ヤクルト・バーネット(9回1死二、三塁から投直併殺で1球セーブ)ラッキーだった。チームにとっても良かったよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月18日のニュース