恐竜の日に2位転落…谷繁監督「負ける時は一本が出ない時」

[ 2015年4月18日 05:30 ]

<広・中>5回2死一、二塁、八木の左前打で二塁走者・高橋周が本塁を狙うもタッチアウト。捕手・会沢

セ・リーグ 中日0-1広島

(4月17日 マツダ)
 4月17日は1923年の同日に米動物学者ロイ・アンドルーズが恐竜の卵の化石発見へ旅を開始したことにちなんで「恐竜の日」。しかし、今季5度もサヨナラ勝ちをしてきた竜の勝負強さを見せられなかった。

 今季2度目の零敗で2位に転落した谷繁監督は「負ける時は一本が出ない時」。5回2死一、二塁で投手の八木が左前へ運んだが、本塁を狙った二塁走者の高橋周が憤死。この回4安打で1点も奪えず、9回無死一、二塁でもドミニカントリオがそろって凡退した。本拠地のナゴヤドームでは10勝2敗も敵地では1勝6敗。内弁慶ぶりを際立たせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月18日のニュース