阪神 能見“3度目の正直”7回1失点で今季初勝利

[ 2015年4月18日 17:19 ]

<神・巨>阪神先発の能見

セ・リーグ 阪神2―1巨人

(4月18日 甲子園)
 阪神の能見が18日の巨人戦(甲子園)に先発し、7回を102球、5安打1失点の好投で今季初勝利を飾った。

 初回は2死から橋本に左前打を許すも、続く坂本を空振り三振に仕留める上々の立ち上がり。4回までは1安打投球と巨人打線を抑え込んだ。5回1死から連続長短打を浴び2死後、田口に左前適時打を打たれて1点を失ったが、以降は得点を許さなかった。

 今季3試合目の先発。初登板となった3月31日のヤクルト戦(神宮)では5回7安打4失点。続く7日のDeNA戦(甲子園)でも5回7安打5失点と結果を残せず連敗を喫した。中10日で上がったこの日のマウンド。安定した投球で復調ぶりを示した。

 左腕エースの好投に応えたのが4番・ゴメスだ。まずは初回、2死二塁から中前適時打で先制点を奪うと、同点に追いつかれた後の6回には1死二塁から勝ち越しの左前適時打を放って援護した。

 能見の後を受け8回は福原、9回は呉昇桓が締めてリードを守り切った。

 巨人は先発・田口が5回1/3を4安打2失点(自責1)と好投したが、打線が援護できず。接戦を落として連勝は5でストップした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月18日のニュース