“マー君2世”楽天・福田将儀 佑倒した!23歳誕生日初打点

[ 2015年4月18日 05:30 ]

<楽・日>2回2死三塁、福田がセーフティーバントを決め適時内野安打としてプロ初打点

パ・リーグ 楽天7-2日本ハム

(4月17日 コボスタ宮城)
 「マー君」が佑ちゃんを攻略し、自らの誕生日に花を添えた。2回、2点を先制し、なおも2死三塁。楽天のルーキー・福田は1ボール1ストライクからの3球目、日本ハム・斎藤が投じた外寄りのフォークに対し、バットを横に構えた。

 「三塁手が後ろにいたら、やろうと決めていた」と狙い通りにセーフティーバントを敢行。絶妙な打球が三塁線を転がり、50メートル6秒0の俊足で送球より早く一塁を駆け抜けた。その間に三塁走者の後藤が生還し、プロ初打点を適時内野安打で記録。「自分らしい形で挙げられて良かったです」とはにかんだ。

 名前の「将儀」は13年にチームを初の日本一に導いた田中将大(現ヤンキース)と同じ「将」の文字がつく。その元エースの高校時代のライバルが斎藤だった。この日、23歳の誕生日を迎えた楽天の新しい「マー君」は「(9回2死で)最後にフライが来るのは“持っている”のかな」と斎藤の名ぜりふを引用した。

 「自分の誕生日は負けたことがない」という男の小技が光り、チームは連敗を2でストップ。勝率を5割に戻した。大久保監督にとっても17日は母・友美子さんの78歳の誕生日。前夜、日付が変わると「おめでとう」と電話をかけた。「勝利の女神じゃなくて、勝利の母ちゃんだな」。デーブ楽天はバースデーケーキのように丸い白星を並べ続ける。

 ▼楽天・嶋(3安打2打点)最近チャンスで打てていなかったし、打てて良かった。(先発の)レイは気持ちも強いし、素晴らしいコントロールを持っている。レイのおかげです。

 ◆福田 将儀(ふくだ・まさよし)1992年(平4)4月17日、千葉県生まれの23歳。習志野2年でセンバツ出場し、2回戦敗退も1本塁打をマーク。中大では2度のベストナインを獲得。俊足が武器でプロ入り後計測した30メートル走ではチームの1軍選手トップの4秒15をマークした。14年ドラフト3位で楽天に入団。1メートル74、76キロ、右投げ右打ち。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年4月18日のニュース