巨人ポレダ 敵地で燃えた2勝目「誰も止められない」

[ 2015年4月18日 05:30 ]

<神・巨>最後を締めた沢村(左)を出迎えるポレダ

セ・リーグ 巨人3-2阪神

(4月17日 甲子園)
 巨人・ポレダが6回を6安打2失点で2勝目を挙げた。

 初めての甲子園登板。敵地の独特の雰囲気にも「阪神ファンがたくさんいて、アドレナリンが出た」と逆に闘志を燃やした。6回にはボークも絡み2死一、二塁のピンチを招いたが、最後は梅野を空振り三振。ヒーーローインタビューでは「チームが勢いづいているので誰も止められないと思う」と冗舌だった。

 ▼巨人・長野(3点目の左前適時打)球威がある投手なので、強引になりすぎないように右中間方向への打球をイメージして振り負けないスイングをした。いい形でつながってきたチャンスだったので、打てて良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月18日のニュース