ソフトB中田粘った!3回からは“別人”1勝 記念球は最愛の人に

[ 2015年4月18日 05:30 ]

<ロ・ソ>ウイニングボールを左手に、工藤監督(左)とハイタッチを交わすソフトバンク・中田

パ・リーグ ソフトバンク4-2ロッテ

(4月17日 QVC)
 最終回の守りを、ソフトバンクの中田はベンチから祈るように見守っていた。2点リードで2死満塁。守護神・サファテが角中を二ゴロに打ち取ると、中田はホッとしたようにハイタッチを交わした。

 今季3度目の登板で初勝利をマーク。「序盤で苦しい投球をしてしまったけど、そのあと粘れた。一つ勝たないと始まらないので」と静かに喜びをかみしめた。

 2回までに4安打で2点を失ったが、3回以降は別人だった。1―0の2回に3連打で1点を追加され、なお無死一、二塁の場面。佐藤投手コーチがマウンドに向かい「いい球いってるから、どんどん行け」とハッパをかけた。「ブルペンでは一番調子が良かった。シンプルな言葉をかけてもらって、いい“間”ができた」と中田。気持ちに余裕が生まれた3回以降は三塁を踏ませず、6回2/3を投げ、2失点と試合をつくった。

 決め球フォークがさえ、3者連続を含む8奪三振。6回先頭のデスパイネから奪った空振り三振で、史上141人目の通算1000奪三振を達成した。「意識はしていなかったけど、節目の数字はうれしい」と話した。

 ウイニングボールを渡したい相手がいた。昨年12月に大阪・朝日放送の角野友紀アナウンサー(28)と結婚。生涯の伴侶を得てから最初の記念球に「(妻に)あげることになると思います。サポートをしてもらっているので」とのろけた。

 昨季11勝を挙げた中田の今季初白星。工藤監督も「やっぱり勝つことが何よりの薬」と目を細めた。7度目の逆転勝利を挙げたチームは再び貯金2。右腕は「一つ一つ大事に投げていきたい」と慢心はなかった。

 ▽中田(ソフトバンク)通算1000奪三振 17日のロッテ4回戦(QVC)で6回にデスパイネから空振り三振を奪って達成。プロ野球141人目。初奪三振は中日時代だった05年4月3日の横浜(現DeNA)戦で吉川から。

 ▼ソフトバンク・李大浩(イ・デホ)(4回の逆転左前2点適時打を含む今季初の猛打賞)本当に久しぶりに貢献できた。これをきっかけに調子が上がっていけばいい。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月18日のニュース