工藤監督“ざまあみろ”発言で審判に謝罪「監督としてふさわしくない」

[ 2015年4月5日 05:30 ]

<西・ソ>4回1死二塁、生還した柳田(右)を出迎える工藤監督

 ソフトバンクの工藤監督が3日の西武戦の8回逆転時に「ざまあみろ!」と叫んだとネット上で話題になったことに関して、試合後「監督としてふさわしくない言葉を言ったことに関してアンパイアの方に謝罪して受け入れてもらいました」と話した。

 李大浩(イ・デホ)の飛球を直接捕球したか否かで2審判の判定が割れたことが発端だったが「審判の間で違うジャッジがなされた場合は協議をして判定するというルール通りにしたと説明され、理解した」と、これ以上は問題視しない構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月5日のニュース