マー君 充実キャンプ打ち上げ「短く感じました」

[ 2015年4月5日 05:30 ]

ファンが見守る中、ブルペンで投球練習をするヤンキース・田中

 開幕投手を務めるヤンキースの田中は3日(日本時間4日)、ブルペンで投球練習を行い、タンパでのキャンプを打ち上げた。ノーワインドアップで20球、セットポジションで21球。

 低めに制球されたスプリットにラリー・ロスチャイルド投手コーチが「Right there!(そこだ)」と声を掛ける場面も。田中は2年目のキャンプを振り返り「楽しかったので、短く感じました」と充実感を漂わせた。

 練習後は、チームとともに最後のオープン戦が行われる首都ワシントンに入った。現地では日本から贈られたことで有名な「桜まつり」が開催中。田中にとっては、6日(同7日午前2時5分開始)のブルージェイズとの開幕戦で「サクラ咲く」ための吉兆になりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月5日のニュース