ムネリン 英語通じず…ウロウロ20分「全部フランス語」

[ 2015年4月5日 05:30 ]

招待選手としてメジャーキャンプに参加していた川崎(AP)

オープン戦 ブルージェイズ0―2レッズ

(4月4日 モントリオール)
 ブルージェイズの川崎に再び「言葉の壁」が立ちはだかった。レッズとのオープン戦が行われたのは、04年までエクスポズ(現ナショナルズ)が本拠地としていたカナダ・モントリオールのオリンピックスタジアム。同地があるケベック州はフランス語圏で、看板も全てフランス語表記だった。

 川崎は球場の入り口が分からずに約20分間、うろうろ。警備員も英語が通じず「相手は全部フランス語。てんてこ舞いだった」と苦笑いだった。開幕はマイナーで迎えるが、チームに同行。この日はオープン戦では異例の4万6314人の観衆で埋まり、8回の守備から登場すると大歓声を浴び「こういう中でプレーできるのは野球選手のだいご味」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月5日のニュース