日本ハム 武田勝、粘りの5回2失点で今季初勝利

[ 2015年4月5日 17:34 ]

<オ・日>先発・武田勝のピッチング
Photo By スポニチ

パ・リーグ 日本ハム7―2オリックス

(4月5日 京セラD)
 日本ハムの武田勝が5回2失点と粘り、今季初勝利を挙げた。2回に1点を先制され、その後も苦しい場面が続いたが、5回の中田の満塁本塁打など援護にも恵まれた。「最低限の仕事はできた。先発として一つ勝つことが次につながる」と安堵の息をついた。

 キャンプから好投を重ねて先発枠をつかみとったものの、出番を待つ若手も多いだけにうかうかしていられない。前日までの上沢、大谷の力投にも「何とか続きたい気持ちで流れに乗れた」と勇気をもらった様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月5日のニュース