ポレダ “ぶっつけ本番”阿部と来日初勝利「詰め込む感じ」

[ 2015年4月5日 05:30 ]

<巨・神>お立ち台で阿部(左)に促され「最高です!」と日本語で叫ぶポレダ
Photo By スポニチ

セ・リーグ 巨人9-5阪神

(4月4日 東京D)
 阿部の好リードに引っ張られた巨人のポレダが来日初勝利を挙げた。

 ぶっつけ本番の初コンビ。「試合前には(自身の情報を)詰め込む感じ。いざとなったら直球をインサイドで攻めようと話した」と明かした。最速153キロの直球で押し、課題の立ち上がりも上々。6回を5安打3失点でまとめた。試合後のファンの盛り上がりには「ワールドシリーズに優勝したみたいな感じ」と興奮。女房役にウイニングボールを渡され「ケースに入れておく。一生ものですね」と感慨深げだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月5日のニュース