楽天、連敗脱出!戸村が2年ぶりの先発で白星、松井裕2セーブ目

[ 2015年4月5日 16:19 ]

<ロ・楽>楽天の先発・戸村

パ・リーグ 楽天6―4ロッテ

(4月5日 QVC)
 楽天がシーソーゲームを制して連敗を4で止めた。ようやく今季2勝目。2年ぶりに先発登板した6年目の戸村が6回7安打4失点(自責3)で2013年7月27日のロッテ戦(Kスタ宮城)以来となる白星を挙げた。今季から抑えに抜てきされた2年目の松井裕が今季2セーブ目をマークした。

 楽天は初回2死二塁から4番ペーニャが左前タイムリー。26イニングぶりに適時打が出たが、その裏、戸村があっさりと逆転を許してしまう。3回に銀二の中前適時打で同点、4回には松井稼の左前適時打で勝ち越したが、6回1死一塁から井口に右中間へ適時二塁打を浴びて同点。しかも中継プレーが乱れる間に井口にまで生還を許して逆転された。

 しかし、7回2死から藤田の右越えソロで同点。岡島が左前田で続くと、ペーニャの中越え適時三塁打で勝ち越し。8回にも1点を加えた。7回から福山、クルーズ、松井裕の
継投で逃げ切った。

 ロッテ先発は韓国人右腕イ・デウンが6回を投げ8安打されながら3失点に抑えたが、2番手の大谷が誤算だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年4月5日のニュース